市場ニュース

戻る
2016年01月12日09時27分

【材料】NF日経レバが昨年9月末以来の安値水準、個人投資家資金が集中し売買代金断トツ

日経レバ 【日足】
多機能チャートへ
日経レバ 【日中足】

 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>が大幅安で6日続落、昨年9月30日以来の安値圏に売り込まれた。ここ中国・上海株の波乱などを背景とした世界株安のなか、東京市場もリスクオフの流れに巻き込まれている。

 同銘柄は日経平均株価の2倍の値動きが想定されるETFであり、ボラティリティの高い特性が下げに反映されている。ただ、全体相場も突っ込み警戒感の働く場面であり、同銘柄のリバウンド妙味に着目した押し目買いも観測、寄り後は1万2600円台で下げ渋っている。商い高水準で売買代金は東証で断トツ、個人投資家の注目度の高さがうかがわれる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均