市場ニュース

戻る
2016年01月12日09時16分

【材料】アートSHDが反落、エイチアイがパイオニアとテレマティクス端末開発で協力と発表も利益確定売り

アートSHD 【日足】
多機能チャートへ
アートSHD 【日中足】

 アートスパークホールディングス<3663>は朝高のあとマイナスに転じている。前週末8日の取引終了後、パイオニア<6773>のミラー型テレマティクス端末において、アートSHDグループのエイチアイが開発協力したテレマティクスアプリケーションが搭載されたと発表したことを受けて買いが入ったものの、その後利益確定売りに押されている。

 パイオニアが発売した「ミラー型テレマティクス端末」は、LTE回線を使って常時ネットワークと接続し、クラウドサービスを利用した次世代型法人車両ソリューションを可能にする端末。また、パイオニアが展開する業務車両向けテレマティクスサービス「ビークルアシスト」の端末として使用すれば、より高度な「運行管理」の徹底や「運行支援」強化のサービスを提供できるとしている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均