市場ニュース

戻る
2016年01月11日19時08分

【為替】欧州為替:ドル伸び悩み、根強い警戒感で


中国金融当局による為替介入観測が広がり、夕方以降にドルなど主要通貨は対円で上昇した。ドル・円は一時117円92銭まで値を上げた。ただ、米国株先物は上昇しているものの、警戒感は完全に払拭されていないことから、ドルの上昇は限定的。目先は米金融当局者の「タカ派」的な発言などが聞かれれば、118円台を回復する可能性はあろう。


欧州市場では、ドル・円は117円32銭から117円92銭、ユーロ・ドルは1.0872ドルから1.0901ドル、ユーロ・円は127円88銭から128円34銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均