市場ニュース

戻る
2016年01月11日12時37分

【経済】中国:成長率6.5%以上の確保は困難大、政府系シンクタンクが指摘


中国の政府系シンクタンク、国務院発展研究センターの李偉・主任は10日、第13次5カ年計画期間(2016~20年)に6.5%以上の国内総生産(GDP)成長率を確保することは「難易度が非常に大きい」との見解を示した。世界的に見て、経済の規模が一定の大きさに達した後、その成長ペースは鈍化するのが一般的だと指摘。また、中国経済は現在、◆外需の低迷、◆労働力コストの上昇、◆資源・環境負荷の増大??といった3つの成長抑制要因に直面していると分析した。現地メディアが伝えた。
中国政府は2020年に、GDPを10年比で倍増させる目標を掲げている。李主任によると、この目標を達成するには、向こう5年間で年平均6.5%以上の成長が必要。ただ、世界的な景気減速が進み、輸出競争が激化していることや、中国の労働力面での優位性が低下していることなどを考慮すれば、目標の達成には困難を伴うという。
中国では3月5日、国会に相当する全国人民代表委員会(全人代)が開幕する。5日の開幕式では、李克強・首相が「政府活動報告」を読み上げ、16年の国内総生産(GDP)成長率の目標値などを明らかにする予定だ。市場関係者の間では、16年の成長目標について、15年の「7.0%前後」から「6.5%前後」に引き下げられるとの観測が浮上している。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均