市場ニュース

戻る
2016年01月09日15時09分

【経済】日米の注目経済指標:12月米鉱工業生産の持ち直しはドル買い材料に


1月11日-15日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

■12日(火)午前8時50分発表予定
○(日)11月経常収支-予想は+8950億円
参考となる10月実績は+1兆4584億円。第1次所得収支は+1兆7315億円で黒字幅は9月実績をやや下回ったが、16カ月連続の黒字計上となった。11月については、貿易・サービス収支の赤字幅がやや拡大すると予想されており、経常黒字額は9000億円前後まで縮小する可能性がある。

■14日(木)午前8時50分発表予定
○(日)12月国内企業物価指数-予想は前年比-3.5%
参考となる11月実績は、前年比-3.6%。国際商品市況の下落によって非鉄金属や鉄鋼、スクラップ類などが下落。農林水産物や電力・都市ガス・水道は押し上げ要因となった。12月についてはエネルギー価格低迷の影響はあるものの、農産物などの価格は上昇しており、全体的には11月実績に近い数字になるとみられる。

■15日(金)午後10時30分発表予定
○(米)12月小売売上高-予想は前月比+0.1%
参考となる11月実績は前月比+0.2%。エレクトロニクスや衣料品、飲食店、オンライン販売などが堅調だった。ただし、ガソリンスタンドの売上高は減少した。12月については11月実績に近い水準の売上高となる見込みだが、ガソリンスタンドの売上高減少を考慮すると伸び率は鈍化する可能性がある。

■15日(金)午後11時15分発表予定
○(米)12月鉱工業生産-予想は前月比-0.2%
参考となる11月実績は前月比-0.6%。3カ月連続で減少し、市場予想の-0.1%を下回った。電力・ガス、鉱業の生産低下が要因。製造業は横ばいだった。ドル高の影響で米国の輸出品が割高となっており、鉱工業部門の生産は伸び悩んでいる。12月については11月に減少した反動でやや持ち直すことが予想されており、市場コンセンサスは妥当な水準か。

その他の主な経済指標の発表予定は、11日(月):(米)12月労働市場情勢指数、14日(木):(日)11月機械受注、15日(金):(米)12月生産者物価指数、(米)1月NY連銀製造業景気指数、(米)11月企業在庫、(米)1月ミシガン大学消費者信頼感指数。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均