市場ニュース

戻る
2016年01月09日00時14分

【為替】NY為替:ドル伸び悩む、米国経済への懸念完全に払しょくできず


 外為市場ではドルが伸び悩んだ。ドル・円は米雇用統計発表直後一時118円83銭まで上昇したのち一時118円を割り込み117円93銭まで反落。ユーロ・ドルは1.0803ドルから1.0879ドルまで反発した。


 米労働省が発表した12月雇用統計は概ね良好な結果となったが賃金が予想ほどの伸びを示さなかったこと、米国経済が世界経済の鈍化の影響を受けるとの懸念を完全には払拭できなかったことなどでドル買いの勢いは失速。米10年債利回りは雇用統計発表直後に2.21%まで上昇後、2.15%へ低下した。ダウ平均先物は114ドル高で推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均