市場ニュース

戻る
2016年01月08日19時11分

【為替】欧州為替:ドル買い一服、雇用統計控え動きづらい


中国市場の混乱がいったん収束したほか、欧州株の全面高でドルに買いが入りやすい地合いだが、ドル・円はもみあいが続いている。足元は118円30銭台で推移。22時半の米雇用統計発表を控え、動きづらい展開となっている。ただ、目先は欧州株が一段高となっても、市場の警戒感が根強いため、上昇は限定的とみる。


欧州市場では、ドル・円は118円17銭から118円44銭、ユーロ・ドルは1.0867ドルから1.0900ドル、ユーロ・円は128円55銭から128円38銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均