市場ニュース

戻る
2016年01月08日16時15分

【特集】PCIーHD Research Memo(8):業績に裏付けられた更なる配当水準の向上を図る


■株主還元

PCIホールディングス<3918>は安定した配当を維持継続し、業績に裏付けられた更なる配当水準の向上を図ることで株主への利益還元を行うことを基本方針としている。

2015年9月期は1株当たり記念配当10円を含む80円(配当性向は34.0%)を実施した。2016年9月期については1株当たり80円(配当性向37.3%)の配当を実施する計画となっている。具体的な数値のコミットはないが、おおむね配当性向30~40%が配当実施の目安であると考えらえる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均