市場ニュース

戻る
2016年01月08日16時07分

【特集】日本アジア投資 Research Memo(2):豊富な投資経験とネットワークやパートナーなど事業基盤を生かした投資展開


■事業概要

(1)事業内容

日本アジア投資<8518>は、日本とアジアにまたがる独立系の総合投資会社として、主力のベンチャー投資のほか、グロース投資やメガソーラー事業などの新規投資分野にも注力している。豊富な投資経験とブランド、ネットワーク、人材、事業パートナーなどの事業基盤を生かしながら、革新的な技術やビジネスモデルを持ち、高い成長力を有するベンチャー企業や中堅・中小企業等への投資や成長支援を通じて、日本とアジアの両地域における産業活性化や経済連携の拡大などに貢献をしてきた。最近では、安定収益の拡大や関連する投資分野とのシナジー創出などを目的としてメガソーラー事業投資にも参入している。

同社グループは、自己資金(自己勘定)による投資のほか、機関投資家等の出資者からの出資及び同社グループ自身の出資により組成される「投資組合(ファンド)」からの投資を行っている。同社グループが管理運用等を行っているファンド運用残高は411億円(18ファンド)、同社グループの自己資金及び運用ファンドによる投資残高は186億円の規模となっている(2015年9月末現在)。

事業セグメントは投資事業の単一であるが、業務別には、「投資事業組合等管理業務」「投資業務」「その他」の3つに区分している。営業総利益の構成比率は、投資事業組合等管理業務(運営報酬)が40.8%、投資業務(投資損益等)が58.8%となっている(2016年3月期上期実績)。

業務別の概要は以下のとおりである。

a)投資事業組合等管理業務
同社グループが組成した投資事業組合(ファンド)の管理運用等により運営報酬を受領している。運営報酬には、経常的な管理・運営に対する管理報酬のほか、ファンドの運用成果(パフォーマンス)に応じて受領する成功報酬の2種類がある。2015年9月末のファンド運用残高は411億円(18ファンド)となっている。

b)投資業務
日本及びアジア(特に中華圏)における成長企業等に対して、自己勘定及び同社グループが管理運営するファンドからの投資を行うとともに、投資先企業に対しては、同社が持つ様々なリソースやネットワークを活用し、投資先企業と一体となって事業拡大に取り組み、キャピタルゲイン(投資差益)の獲得を目指している。また近年では、メガソーラープロジェクトなど、インカムゲイン(配当等)の獲得を目指した投資も拡大している。2015年9月末の投資残高は合計186億円(233社)であるが、そのうち自己勘定が54億円(111社)、ファンド勘定が132億円(159社)となっている。

地域別の投資残高は、日本が58%、中華圏(中国、香港、台湾)が40%である。業種別では、注力する「QOL(Quality of Life)関連」※のほか、「IT・インターネット関連」「機械・自動車関連」「サービス関連」「その他」と多岐にわたっている。

※「バイオテクノロジー・創薬・医薬品」「医療機器・医療関連サービス」「環境関連機器・環境関連サービス」「メガソーラープロジェクトへの投資」「その他QOL関連」によって構成されている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均