市場ニュース

戻る
2016年01月08日15時10分

【市況】国内大手証券、外国人投資家は2016年に再び日本株を買い越す可能性が高いと指摘

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の外国人投資家関連のリポートでは、中期的な視点に立つと、外国人投資家は2016年に再び日本株を買い越す可能性が高いと指摘。日本株には相対的割安感があることや日本企業は相対的に高い増益が見込まれていること、15年は6年振りに日本株が米国株をドル建てリターンで上回ったことなどから、年金や富裕層など為替をヘッジしない投資家にとっても、日本株が無視できない存在になっていると解説。

 「外国人投資家が2016年に再び買い主体となる可能性を踏まえれば、中期的には日本株に対し強気判断を続けたい」との見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均