市場ニュース

戻る
2016年01月08日10時53分

【材料】わらべや日洋、有力処は17年2月期業績を織り込む局面に入ったとの見方

わらべ日洋 【日足】
多機能チャートへ
わらべ日洋 【日中足】

 わらべや日洋<2918>が続伸。買い一巡に一時、マイナスに転落する場面があったものの、現在はきょうの高値圏で推移している。

 いちよし経済研究所では、16年2月期第3四半期実績は営業減益に終わったものの、ノーサプライズと指摘。中期的視点では、セブン-イレブン・ジャパンの出店拡大を背景とした利益成長が続くとの見方を継続して、投資回収期入りが見込まれる17年2月期業績を織り込む局面入りと判断。

 レーティングを「B」から「A」に引き上げ、フェアバリュー3000円を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均