市場ニュース

戻る
2016年01月08日03時56分

【市況】NY金:続伸で1107.80ドル、中国発の世界株安再燃で安全志向の買い継続


 NY金は続伸(COMEX金2月限終値:1107.80↑15.90)。1099.10ドルから1108.90ドルまで上昇した。中国株式市場で再びサーキットブレーカー発動によりすべての取引が終日停止となった状況が嫌気され、欧米でも株安が進んだことで、安全資産としての金の買いが継続した。



 ただ、そうしたなか、欧米株がいったん下げ止まり、米国債利回りが上昇に転じてドルが反発気味になったこと。また、8日(金)に発表が予定される米国の12月雇用統計への警戒感などから、利益確定の売りもみられたもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均