市場ニュース

戻る
2016年01月07日16時14分

【特集】コニシ Research Memo(1):「ボンド」の圧倒的ブランド力、2016年3月通期は増収増益見通し


コニシ<4956>は、「ボンド」ブランドで知られる国内トップクラスの接着剤・シーリング材メーカーである。一般家庭用が有名であるが、産業用、住宅・建材用、建築・土木用と幅広い製品をそろえており、主たる市場は住宅・建築・土木関連である。

2016年3月期第2四半期(2015年4月?9月)の業績は、売上高56,373百万円(前年同期比3.1%増)、営業利益2,626百万円(同12.3%増)、経常利益2,682百万円(同17.3%増)、四半期純利益1,434百万円(同9.5%増)となった。売上高はほぼ期初予想どおりであったが、各利益は期初予想を上回り、消費税増税後の停滞から完全に回復した。

2016年3月期の業績見通しは、売上高121,000百万円(前期比4.5%増)、営業利益5,970百万円(同12.4%増)、経常利益6,040百万円(同10.5%増)、当期純利益3,800百万円(同24.8%増)が予想されている。住宅向けを中心に各業種向けで回復が見込まれ、増収・増益が見込まれている。

新しい中期経営計画(3ヶ年)が発表されている。数値目標は2018年3月期に売上高136,000百万円(2015年3月期比17.5%増)、経常利益7,400百万円(同35.4%増)、経常利益率5.4%(同4.7%)、ROE8.0%(同6.7%)となっており、売上高、経常利益ともに過去最高を目指している。また2015年11月には30億円超の自社株買いを実施したが、配当金と合わせた今期の総還元性向(予想)は97.1%となり、株主還元にも積極的である。

■Check Point
・各事業とも堅調で2016年3月期は増収増益を見込む
・最終年度の2018年3月期に売上高1,360億円を目指す中期経営計画
・安定配当を目指し、2016年3月期は前年比5円増の年間35円配当を予想

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均