市場ニュース

戻る
2016年01月07日14時33分

【市況】14時30分時点の日経平均は387円安、HOYA、伊藤忠が一段安


14時30分時点の日経平均は前日比387.49円安の17803.83円。後場は先物に大口売りが入ったことで下げ幅を広げ一段安の展開に。一時422.79円安の17768.53円をつけた。為替市場では、ドル・円が再び118円を下回る場面も。

業種別では、鉱業が5.1%安で下落率トップ。そのほか精密機器、海運、鉄鋼、機械、ガラス・土石などがさえない。一方、電気・ガスのみプラスで推移している。売買代金上位銘柄では、富士重<7270>、日東電<6988>、ダイキン<6367>、HOYA<7741>、伊藤忠<8001>が後場一段安に。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均