市場ニュース

戻る
2016年01月07日11時01分

【経済】(中国)元安進行、地方都市の不動産市場に悪影響も


人民元安の進行を受け、低迷する地方都市の不動産市場がさらに悪化する恐れがあると指摘されている。きのう6日のオフショア市場では、元の対米ドル為替レートが2010年の取引開始以来で安値水準を更新した。

元安ドル高の流れを受け、資金の流出が加速し、デベロッパーの資金調達が一段と困難になると指摘されている。多くの大手デベロッパーが米ドル建てで資金を調達しているため、デベロッパーの負債率が一段と拡大する恐れがあると警告された。

上海など主要都市では、不動産需要が高いことが市場を支える見通しだ。ただ、地方都市では、供給が需要を上回っているため、外資の撤退に伴い、不動産市場の低迷が一段と進む恐れがあると指摘された。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均