市場ニュース

戻る
2016年01月07日10時47分

【材料】ケーヒン、有力処は一時的なコストアップはあるも足もとの業績は堅調に推移していると解説

ケーヒン 【日足】
多機能チャートへ
ケーヒン 【日中足】

 ケーヒン<7251>が4日続落。いちよし経済研究所では、主要取引先のホンダ<7267>の販売状況について楽観はできないものの、二輪ではインドネシア市場に底打ちの兆しがあること、四輪では2015秋にフルモデルチェンジした「新型シビック」を皮切りにモデルサイクル上は、他の日系メーカーに比べて相対的に優位な状況にある点はプラス材料と指摘。自立的な成長にむけて舵を切り始めているとみて、一時的なコストアップはあるものの、足もとの業績は堅調に推移していると解説。

 16年3月期営業利益予想220億円(会社計画は230億円)を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均