市場ニュース

戻る
2016年01月07日10時31分

【材料】富士ソフトが反発、「会話ロボで高齢者の認知症予防」

富士ソフト 【日足】
多機能チャートへ
富士ソフト 【日中足】

 富士ソフト <9749> が反発。日経産業新聞が7日付で「富士ソフトは医療法人と組み、会話ロボット『パルロ』を活用して高齢者の認知症予防や体力向上を図る取り組みを始めた」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「クラウドを通じて最新の情報を随時ロボットに取り込み、体と頭を使う運動プログラムを提供する」という。会話ロボットの機能追加による販売拡大を期待する買いが向かった。

株探ニュース

日経平均