市場ニュース

戻る
2016年01月07日09時07分

【材料】住友林は反発、米大手住宅会社の買収報道が株価刺激

住友林 【日足】
多機能チャートへ
住友林 【日中足】

 住友林業<1911>が反発。株価は1600円手前で胸突き八丁、25日移動平均線に頭を押さえられるかたちとなっているが足もとは買い優勢に。「(同社は)6日までに米国の戸建て住宅大手ダン・ライアン・ビルダーズ・グループの持ち株会社を約100億円で買収した」と7日付の日本経済新聞が報じた。同社は海外市場への展開では業界を先駆する。国内市場は少子高齢化に伴う人口減少で市場は伸び悩みが予想されるなか、M&Aなどにより海外成長を開拓することで成長性を維持する方針。これが株価の刺激材料となっている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均