市場ニュース

戻る
2016年01月06日12時13分

【材料】しまむら、国内大手証券は新目標株価を1万1100円に設定

しまむら 【日足】
多機能チャートへ
しまむら 【日中足】

 しまむら<8227>が3日続落。一時、プラス圏で推移する場面があったものの、買い一巡後は売りが優勢。全面安の影響もあり、本日の安値圏で前場の取引を終えている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、会社側が16年2月第3四半期決算と同時に通期予想の下方修正を発表した事を受け、「暖冬による冬物衣料の販売立ち上がりの遅れを踏まえたもの」として、「天候の影響は避けがたいものの新商品施策の効果検証がポイントになる」と指摘。

 16年2月期営業利益予想を426億5300万円から405億7000万円(会社計画は405億円、市場コンセンサスは404億円)に引き下げるものの、目標株価は1万800円から1万1100円に引き上げ。レーティングは「ニュートラル」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均