市場ニュース

戻る
2016年01月06日07時24分

【為替】NY為替:ドル・円は119円06銭、ユーロ圏CPIが予想を下回り、ユーロ売り加速


 5日のニューヨーク外為市場でドル・円は、119円28銭まで上昇後、118円84銭へ下落して119円06銭で引けた。中国経済や中東情勢への懸念が存続したほか、原油安を嫌ったリスク回避の動きが優勢となった。


 ユーロ・ドルは、1.0757ドルから1.0711ドルへ下落し1.0751ドルで引けた。ユーロ圏の12月消費者物価指数(CPI)速報値が予想を下回ったため、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和への思惑が強まり、ユーロ売りに拍車がかかった。ユーロ・円は、128円13銭から127円54銭へ下落した。


 ポンド・ドルは、1.4696ドルから1.4638ドルへ下落。ドル・スイスは、1.0081フランから1.0125フランへ上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均