市場ニュース

戻る
2016年01月06日04時51分

【市況】NY原油:続落で35.97ドル、米在庫の増加予想も売り圧力に


 NY原油は続落(NYMEX原油2月限終値:35.97↓0.79)。36.83ドルから35.85ドルまで下落した。サウジアラビアとイランの断交をめぐり、米国、ロシアが仲介外交に動きだしており、中東の地政学的リスクに対する極度の懸念がいったん後退した可能性。



 また、5日の取引終了後に全米石油協会(API)の週間統計、6日(水)に米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)の発表が予定され、EIA週報では在庫増の予想になっていることも売り圧力になったもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均