市場ニュース

戻る
2016年01月06日03時52分

【市況】NY金:続伸で1078.40ドル、中国、中東懸念による安全志向の買い継続


 NY金は続伸(COMEX金2月限終値:1078.40↑3.20)。1074.60ドルから1080.70ドルまで上昇した。中国経済の減速による世界経済の悪化懸念や、サウジアラビア・イラン断交による中東の地政学的リスクへの懸念から、株価波乱警戒が根強く、安全資産としての金の買いが継続したもよう。



 ただ、この日発表のユーロ圏の12月消費者物価指数速報値が、予想を下回る伸びにとどまり、ユーロ安・ドル高が進行(1.0711ドルまで下落)。割高感による金の売りもみられ、前日終値(1075.20ドル)を一時下回った。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均