市場ニュース

戻る
2016年01月05日18時04分

【為替】明日の為替相場見通し=119円台での値固めの展開も

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、119円台前半を中心とする値固めの展開が見込まれる。予想レンジは1ドル=118円80~119円90銭。

 この日は、前日の急激なドル安・円高の反動もあり、一時119円70銭近辺まで値を戻す展開となった。ただ、119円台後半では売りも膨らみ夕方にかけ119円20~30銭前後へ軟化した。今晩からあすの東京市場にかけては目立った経済指標の発表はなく、NYダウなど株式市場の動向に左右される展開が予想される。ただ、120円に接近する場面では戻り売りも予想され、全体的には119円台での一進一退が見込まれる。

 当面は8日の米雇用統計を意識する神経質な展開が見込まれるなか、米国と中国・上海市場の動向を注視する展開が続きそうだ。(岡里英幸)



出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均