市場ニュース

戻る
2016年01月05日16時36分

【特集】ウィルグループ Research Memo(4):財務状況は良好、潤沢なキャッシュを保有


■2016年3月期第2四半期連結決算

(3)財務状況

ウィルグループ<6089>の財務状況は良好である。当期純利益の計上により、純資産は前期末比13.0%増の3,546百万円となった。一方、クリエイティブバンクの子会社化に伴い、仕掛品やのれんが増加し、資産は同20.4%増の9,658百万円となった。負債も同25.2%増の6,112百万円となった。M&A資金を借入で対応したため、長短期の借入金が790百万円増加したことなどが要因である。その結果、自己資本比率は同5.1ポイント減の32.9%となった。また、第2四半期末の現金及び預金は2,396百万円で、潤沢なキャッシュを保有している。

一方、キャッシュフローは、営業活動によるキャッシュフローが53百万円の支出(前年同期は334百万円の収入)となった。消費税の支払いによる一時的な支出である。投資活動によるキャッシュフローは645百万円の支出(同336百万円の支出)となった。クリエイティブバンクの買収等によるものである。財務活動によるキャッシュフローは、662百万円の収入(同239百万円の支出)だった。M&A資金のため借入を行ったことによる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均