市場ニュース

戻る
2016年01月05日15時06分

【市況】国内大手証券、売られ過ぎシグナル点滅、日経平均の反発時期は遠くないと指摘

 野村証券のテクニカル分析では、日経平均は昨年9月の底値に対する二番底を模索中と指摘。この先の下値メドとして、9月安値から12月高値までの上昇幅に対する61.8%押しの1万8089円、同70%押しの1万7834円と試算。

 それでも、25日移動平均線からの乖離率や騰落レシオ低下などから、「短期的な売られ過ぎのシグナルが点滅している」として、反発の時期は遠くないとの見方を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均