市場ニュース

戻る
2016年01月05日14時32分

【市況】14時30分時点の日経平均は100円安、上海総合指数が再びマイナスに転じ下げ幅広げる


14時30分時点の日経平均は前日比100.42円安の18350.56円。13時以降、前日終値を挟んで上下40円程度の一進一退が続いていたが、後場の上海総合指数が再びマイナスに転じたことを受けて下げ幅を広げている。なお、上海総合指数は1.6%安で推移。

売買代金上位30銘柄ではマザーズ銘柄の強さが目立っている。ラクーン<3031>、インフォテリア<3853>がともに14%超の上昇となっているほか、SOSEI<4565>も7%高としっかり。また、連日人気化しているさくら<3778>は、後場開始直後にストップ高をつけている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均