市場ニュース

戻る
2016年01月05日09時41分

【材料】ビジ太田昭が反発、「ミサワホームのマイナンバー業務受託」

ビジ太田昭 【日足】
多機能チャートへ
ビジ太田昭 【日中足】

 ビジ太田昭 <9658> が反発。日経新聞が4日付で「ミサワホームは税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度で取引先から集める必要のある個人番号の収集や関連書類作成の業務を、国内の連結対象35社で一括して外部委託する。委託先はシステム開発を手掛けるビジネスブレイン太田昭和(BBS、東京・港)」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「不動産借り上げサービスでミサワ側が保証賃料を支払っているアパートオーナーや、契約している建築士・司法書士ら約8千人が収集の対象となる」という。ミサワホームのマイナンバー業務受託による業績への寄与に期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均