市場ニュース

戻る
2016年01月05日09時10分

【材料】サッポロHDが反発、不動産事業が収益押し上げ今期営業4割増益と報じられる

サッポロHD 【日足】
多機能チャートへ
サッポロHD 【日中足】

 サッポロホールディングス<2501>が反発。きょう付の日本経済新聞で、「2016年12月期は、連結営業利益が前期推定に比べて約4割増の200億円程度となる見通しだ」と報じられており、好業績観測を素直に評価する買いが入っている。記事によると、東京都内で複合商業施設が開業するなどし、不動産事業が収益を押し上げるという。なお、集計中の15年12月期決算は2月中旬の発表を予定しているが、現時点では営業利益143億円(前の期比2.9%減)を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均