市場ニュース

戻る
2016年01月05日08時13分

【市況】雲下限が上値抵抗に変わるか/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 4日のNY市場は下落。中国経済への警戒感からアジア・欧州株が全面安となり、米国株も終日軟調推移となった。また、サウジアラビアやバーレーン、スーダンなどがイランとの国交断絶に踏み切ったことも投資家心理を悪化させた。ダウ平均は276.09ドル安の17148.94、ナスダックは104.32ポイント安の4903.09。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円安の18285円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、ギャップ・ダウンからのスタートとなろう。その後は上海市場の動向を見極めながらとなろうが、前日の大幅な下げに対する自律反発も意識されやすい。ボリンジャーバンドでは-2σレベルまで下げてくることから、売られ過ぎの意識されそうだ。一方で、一目均衡表の雲下限を割り込んでくるため、雲下限が上値抵抗として意識されてくる可能性もありそう。18100-18500円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 18500円-下限 18100円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均