市場ニュース

戻る
2016年01月04日10時45分

【経済】(中国)上海総合は0.07%安でスタート、A株サーキット・ブレーカー制度が導入開始


連休明けとなる4日の上海総合指数は買い先行。前日比0.07%安の3536.59ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.40%安の3524.93ptで推移している。A株はきょう4日からサーキット・ブレーカー制度が導入されるため、市場が一時的に乱高下する可能性があると警戒されている。また、弱い経済指標も指数の足かせに。一方、「一人っ子政策」が元日から廃止されたことや、政策期待などが指数をサポートしている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均