市場ニュース

戻る
2016年01月04日10時31分

【市況】10時30分時点の日経平均は前営業日比145.75円安、三菱重工、東芝がしっかり


10時30分時点の日経平均は前営業日比145.75円安の18887.96円で推移している。ここまでの高値は10時07分の18951.12円、安値は9時00分の18818.58円。先物市場で目立った売りフローが入らなかったことなどから、安寄り後の日経平均は下げ幅を縮小している。一方、マザーズ指数は上げ幅を拡大しており前営業日比2.6%高と強い動きに。

売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、野村<8604>、ホンダ<7267>、日本郵政<6178>がさえない。一方、ソニー<6758>、東芝<6502>、日水<1332>、任天堂<7974>、三菱重工<7011>、国際帝石<1605>、小野薬<4528>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均