市場ニュース

戻る
2016年01月04日09時55分

【為替】東京為替:ドルは120円37銭近辺で推移、株安一服でドル下げ渋り


ドル・円は120円37銭近辺で推移。日経平均株価の下げ幅は縮小しており、株安に対する警戒感は低下している。現時点でリスク回避的な円買いが大きく広がる状況ではないとみられており、目先においてドルは120円台を堅持するとの見方が増えている。ここまでドル・円は120円13銭から120円39銭で推移。

ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0843ドルから1.0874ドルで推移。

ユーロ・円は堅調推移、130円48銭から130円77銭で推移。

■今後のポイント
・東京株安一服でリスク回避の円買い後退
・120円以下に個人勢、顧客筋などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値38.32ドル 安値37.60ドル 直近値37.97ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均