市場ニュース

戻る
2015年12月31日04時20分

【市況】NY金:続落で1059.80ドル、インフレヘッジ需要後退や割高感から売り優勢に


 NY金は続落(COMEX金2月限終値:1059.80↓8.20)。1067.70ドルから1058.50ドルまで下落した。NY原油先物の大幅反落を受けて、金のインフレヘッジとしての買い需要が後退し、売りが優勢になったとみられる。



 また、市場が予想する米FRBの3月利上げ確率が60%近くに達し、ドル高気味になっており(ユーロ・ドルは一時1.0903ドルまで下落、ドル・円は120円63銭まで上昇)、割高感による金の売りも強まったもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均