市場ニュース

戻る
2015年12月30日12時14分

【市況】フィンテック関連に広がりが見られるか/後場の投資戦略


日経平均 : 19044.01 (+61.78)
TOPIX  : 1548.20 (+4.81)

[後場の投資戦略]

 日経平均は19000円を回復し、その後はこう着ではあるが、19000円を上回って推移が続いており、底堅さが意識される。指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、富士フイルム<4901>、TDK<6762>などが指数をけん引している。特に電子部品株などは米アップルの下げの影響等を受けていたこともあり、アップル反発の流れから、ショートカバーが引き続き期待される。
 また、日水<1332>、東京ドーム<9681>は売り買いが交錯しているが、さくら<3778>がストップ高をつけている。フィンテック関連への広がりが見られるかが注目されるところである。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均