市場ニュース

戻る
2015年12月30日10時52分

【材料】しまむら、米系大手証券は第4四半期業績は楽観視しづらいも、もう一段の株主還元強化は可能

しまむら 【日足】
多機能チャートへ
しまむら 【日中足】

 しまむら<8227>が小動き。プラススタートで始まったものの、買い一巡後は売りが優勢の流れ。現在は小幅ながらもマイナス圏で推移している。

 JPモルガン証券では、小売セクターで会社計画下方修正は珍しいものの、想定以上の在庫処分と天候影響が主因と指摘。今後は、経年在庫消化後の「アイテム数削減+慎重な事前発注と値下げ管理」を軸とする、商品政策修正策の効果が注目点として、第4四半期の業績は楽観視しづらいと解説。

 もう一段の株主還元強化は可能と見て、レーティング「ニュートラル」、目標株価1万2000円を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均