市場ニュース

戻る
2015年12月30日09時20分

【市況】日経平均は88円高でスタート、欧米株高の流れを受け19000円を回復/寄り付き概況


日経平均 : 19070.83 (+88.60)
TOPIX  : 1550.28 (+6.89)

[寄り付き概況]

 日経平均は続伸して始まり、19000円を回復している。28日の米国市場では、欧州・アジア株がほぼ全面高となったことで買いが先行したほか、原油相場の上昇なども好感されNYダウは192ドル高となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円高の19105円となり、本日の日経平均もこれにサヤ寄せする動きとなっている。

 売買代金上位では、トヨタ自<7203>、日本郵政<6178>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>、村田製<6981>、ゆうちょ銀行<7182>など全般堅調。東芝<6502>が上げ幅を広げているほか、さくら<3778>は大幅続伸している。一方、日水<1332>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>はマイナス圏で推移している。

 セクターでは、鉱業、鉄鋼、パルプ・紙などが上昇率上位。半面、医薬品、水産・農林業、その他製品などがマイナスとなっている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均