市場ニュース

戻る
2015年12月29日17時22分

【為替】外為サマリー:1ドル120円30銭台で推移、原油相場への警戒感くすぶる

 29日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=120円34銭前後と前日午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高で推移している。

 ドル円相場は120円30銭台を中心とした値動き。午後4時過ぎに120円40銭台に強含む場面もあったが、原油相場に対する警戒感などがドルの上値を抑えるかたちとなっている。

 ユーロは対円で1ユーロ=132円08銭前後とユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.0972ドル前後とユーロ高・ドル安で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均