市場ニュース

戻る
2015年12月29日16時46分

【市況】マザーズ指数は続伸、売り先行もSOSEIなどが買われ切り返す/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場では、前日にマザーズ指数が4%を超える大幅高となった反動で、利益確定売りが先行した。ただ、売り一巡後は主力株や足元で強い値動きを見せているテーマ株、直近IPO銘柄の一角が買われたほか、出遅れ感のあった銘柄にも物色が向かった。値動きの軽い中小型株に投資家の関心が向かいやすく、マザーズ指数の上昇率は相対的に高かった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で849.17億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり67銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのSOSEI<4565>や、サイバダイン<7779>、インフォテリア<3853>、ジグソー<3914>、PCIーHD<3918>などが堅調。直近IPO銘柄のアークン<3927>や、フィンテック関連との見方が広がったASJ<2351>はストップ高まで上昇。また、材料の観測されたロックオン<3690>が20%超、ITBOOK<3742>、ロゼッタ<6182>、インベスターズクラウ<1435>が10%超の大幅高となった。一方、マイネット<3928>、ミクシィ<2121>、モルフォ<3653>、FFRI<3692>、ブランジスタ<6176>などが軟調。直近IPO銘柄のソネット・メディア<6185>は11%超下げ、マザーズ下落率トップとなった。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均