市場ニュース

戻る
2015年12月29日10時33分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比21.21円安、日水が大商いで売買代金ランキングトップ


10時30分時点の日経平均は前日比21.21円安の18852.14円で推移している。ここまでの高値は10時13分の18875.22円、安値は9時21分の18783.36円。一時切り返す場面が見られるなど、薄商いのなか底堅い展開が続いている。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、日本郵政<6178>、ソフトバンクグ<9984>、ゆうちょ銀行<7182>がさえない一方、日水<1332>が引続き商い活況で売買代金ランキングトップ。また、JASDAQのトレイダーズ<8704>、フューチャー・ベンチャー<8462>も大商いとなっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均