市場ニュース

戻る
2015年12月29日09時34分

【材料】しまむらは堅調、暖冬の影響で通期業績見通しを下方修正

しまむら 【日足】
多機能チャートへ
しまむら 【日中足】

 しまむら<8227>が堅調。同社は昨日引け後、16年2月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は従来予想の5440億円から5480億円(前期比7.1%増)に引き上げたものの、営業利益は同460億円から405億円(同10%増)に引き下げられた。

 11月中旬以降気温が上昇し、冬物衣料の処分を進めた結果、粗利益率の回復が予定を下回ったと発表。12月以降も暖冬が続いていることから、防寒物を中心とした冬物衣料の値下げが増加、当初予想の粗利益高の確保は難しいと判断。

 SMBC日興証券では、「決算および修正で過剰に株価が下がるならば押し目買いを推奨」との見解を示しており、レーティング「2」と目標株価1万4000円を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均