市場ニュース

戻る
2015年12月28日18時45分

【経済】今年10-12月期の米GDP成長は1%台前半にとどまる可能性


 米アトランタ地区連銀が23日に公表した経済予測モデル「GDPナウ」によると、今年10-12月期の国内総生産(GDP)は前期比年率で+1.3%になるようだ。7-9月期のGDP確定値は前期比年率+2.0%に修正されたが、10-12月期GDPは消費支出や住宅投資の伸びが弱いことから、現時点で「GDPナウ」は7-9月期の実績値を下回る成長率になると予測している。

 市場関係者の間では、2016年における米利上げペースは年4回になるとの見方が多いようだが、経済成長が鈍化した場合、インフレ見通しにも影響が及ぶことになる。年間4回の利上げが可能かどうか、現時点でははっきりしない部分が多い。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均