市場ニュース

戻る
2015年12月28日17時16分

【市況】明日の株式相場見通し=市場参加者限定で薄商い、個人投資家は中小型株に照準

 あす(29日)の東京株式市場は、引き続き市場参加者が限定されるなかで売買エネルギーは盛り上がりを欠くものの、年末要因での売りが一巡したことに加え、新たな売り材料も見当たらないことから、自律反発の買いがやや優勢となりそうだ。

 市場関係者からは「海外投資家や国内機関投資家の参加が少ないことから、個人投資家好みの中小型の材料株に物色が集中し、値を上げる銘柄が目立った」との見方が出ていた。それを裏付けるように、主力株中心の日経平均株価は104円高にとどまったものの、中小型株の活況で、東証1部の値上がり銘柄数は1570(値下がり327、変わらず29)と全体の81%を占め、ほぼ全面高商状となった。

 28日の東京株式市場は薄商いながらも買い優勢の展開となり、日経平均株価終値は前週末比104円29銭高の1万8873円35銭と6日ぶり反発した。ただ、東証1部の売買高は15億5526万株、売買代金は1兆5433億円と、売買高、売買代金ともに今年最低に落ち込んだ。売買代金は、昨年12月26日以来1年ぶりの低水準。

 日程面では、海外で米10月のS&Pケース・シラー住宅価格指数、米12月のCB消費者信頼感指数が焦点になる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均