市場ニュース

戻る
2015年12月28日14時38分

【市況】国内有力証券、日経平均の下値メドは1万8562円や1万8471円

 証券ジャパンでは、年末から年明けにかけての東京市場は底堅い展開を予想。原油相場を睨みつつも、景気回復や企業業績拡大への期待が下支えになるとの見方で、第3四半期決算の発表を控えて企業業績に関心が向かい、3月期末接近で高配当利回り銘柄が注目されると解説。

 日経平均のテクニカルでは、15日安値1万8562円や、9月29日安値1万6930円から12月1日高値2万12円までの半値押し水準1万8471円が下値メド、抵抗帯上限を上回れば、25日線や200日線、18日高値1万9869円をうかがう動きを想定している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均