市場ニュース

戻る
2015年12月28日10時43分

【材料】プロトコーポが小反発、国内調査機関は株価指標面に割安感が強いとの見解

プロト 【日足】
多機能チャートへ
プロト 【日中足】

 プロトコーポレーション<4298>が小反発。買い優勢ではじまったものの、買い一巡後は上値の重い展開となっている。

 TIWでは、通期では概ね会社計画線での着地を見込むものの、暖冬や競争激化などの影響により、買収したタイヤ販売関連を取り巻く環境が厳しいと指摘。16年3月期営業利益を55億1000万円(会社計画は54億5000万円)と予想し、株価指標面に割安感が強いことからレーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均