市場ニュース

戻る
2015年12月28日09時20分

【市況】日経平均は69円高でスタート、自律反発と節税対策に関連する売り一巡で/寄り付き概況


日経平均 : 18838.91 (+69.85)
TOPIX  : 1521.60 (+5.41)

[寄り付き概況]

 日経平均は反発で始まった。海外勢のフローは限られているが、5日続落に対する自律反発をみせている。先週末が受け渡しベースでの年内取引最終日だったこともあり、節税対策に関連する売りも一巡との見方。

 セクターでは水産農林、パルプ紙、空運、機械、繊維、その他製品、陸運、化学などがしっかり。ゴム製品、石油石炭、鉄鋼、食料品が冴えない。売買代金上位では、トヨタ<7203>、東芝<6502>、ソフトバンクグ<9984>、村田製<6981>、JR東海<9022>、三井住友<8316>が上昇。一方で、キヤノン<7751>、日水<1332>、ラオックス<8202>、ファーストリテ<9983>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均