市場ニュース

戻る
2015年12月28日07時29分

【市況】5日続落に対する自律反発を意識/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 25日の欧米市場はクリスマスの祝日で休場だったが、年内については海外勢のフローは期待しづらいところであろう。そのため。引き続きこう着感の強い相場展開になりやすいだろう。ただし、実質2016年相場入りとなるため、新春相場を意識したテーマ株など、やや中長期スタンスでの物色が期待されるところである。先週末が受け渡しベースでの年内取引最終日だったこともあり、節税対策に関連する売りも一巡した。また、短期的な売買とはいえ、ディーラー等もフットワークが軽くなるため、需給妙味の大きい銘柄等には、値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。
 日経平均は5日線のほか、13週線が上値抵抗として意識されてしまっている。ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジ内での推移となっているが、バンドが下向きで推移しているため、弱いトレンドが継続。5日続落に対する自律反発を意識させてくる可能性はありそうだが、それ程トレンドは強まらないだろう。18700-18900円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 18900円-下限 18700円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均