市場ニュース

戻る
2015年12月25日14時20分

【為替】東京為替:ドル・円は120円割れを意識へ


東京外為市場で、ドル・円は120円10銭台での攻防となっている。一目均衡表の雲下限を割り込んでいることで下へのバイアスが強まりつつある。ここまでのドル・円は120円09銭から120円44銭で推移している。

ドル・円は75日移動平均線を下抜けており下へのトレンドが意識されている。サポートと見られていた日足の一目均衡表の雲下限をあっさり割り込んだことで120円割れを意識した格好に。クリスマス休暇で市場参加者が減少していることで動意薄との見方だが、商いが少ない分、仕掛け的な売買に振らされやすいとの声も聞かれる。

なお、ユーロ・ドルはしっかり。1.0943ドルから1.0969ドルで推移している一方、ユーロ・円は131円54銭から132円03銭のレンジ。

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均