市場ニュース

戻る
2015年12月24日17時54分

【市況】24日の日本国債市場概況:債券先物は下げ渋る


<円債市場>

長期国債先物2016年3月限
寄付148円92銭 高値148円95銭 安値148円88銭 引け148円92銭
売買高総計13600枚

2年 360回 -0.015%
5年 126回 0.040%
10年341回 0.280%
20年155回 1.010%

債券先物3月限は148円92銭で取引を開始し、148円88銭まで下げたが、
午後の取引で148円95銭まで買われており、148円92銭で取引を終えた。
日経平均株価の反落や為替相場の円高進行を意識して債券先物は下げ
渋った。現物債の取引では、10年以降の年限の気配が甘くなり、
中長期のカーブはスティープニング気配で推移した。

<米国債概況>
2年債は0.99%、10年債は2.25%、30年債は2.98%近辺で推移。
長期債利回りはもみあい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.63%、英国債は1.94%、オーストラリア10年債は
2.76%、NZ10年債は3.57%で推移。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:27万件、前回:27.1万件)
・米国市場はクリスマスイブで短縮取引
・金はNY時間午後0時30分、株式は1時、原油は1時30分、債券は2時に終了予定
・英・仏も短縮取引
・独、ブラジルは休場

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均