市場ニュース

戻る
2015年12月24日14時43分

【材料】鉄建が5日ぶり反発、新幹線3路線で大規模改修の必要がありと国交省が指示

鉄建 【日足】
多機能チャートへ
鉄建 【日中足】

 鉄建<1815>が5日ぶりに反発。株価は一時、前営業日比23円高の303円まで買われている。

 23日付の複数のメディアで、国土交通省が22日、新幹線3路線について大規模改修を行う必要があると指示したことが報じられており、同社の受注拡大への期待が高まっているようだ。大規模改修の必要があると指示されたのは、東北新幹線(東京~盛岡)、上越新幹線(大宮~新潟)、山陽新幹線(新大阪~博多)の3路線で、土木構造物の大規模改修を行う必要性が認められたとして、JR東日本<9020>とJR西日本<9021>に対し、大規模改修引当金の積み立てを開始するよう指示したとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均