市場ニュース

戻る
2015年12月23日14時09分

【為替】東京為替:ドルは121円近辺でもみあい続く、アジア株高を意識した円売りは限定的か


ドル・円は121円03銭近辺で小動き。アジア株は総じてしっかりとなっているが、中国本土株が大幅に上昇する様子はなく、小幅高で推移していることから、リスク選好的なドル買い・円売りが大きく広がる状況ではないようだ。ドル・円は121円近辺でのもみあいがしばらく続く可能性が高まっている。ここまでドル・円は120円95銭から121円14銭で推移。

ユーロ・ドルは伸び悩み、1.0933ドルから1.0957ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、132円30銭ら132円66銭で推移。

■今後のポイント
・アジア諸国の株価は総じてしっかり
・中国本土株の上昇期待

・NY原油先物(時間外取引):高値36.56ドル 安値36.28ドル 直近値36.40ドル

【要人発言】
・サンリオ
「会員情報の流出ない」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均